BLOG 山城屋庄藏

  • 3月懐石コース 【春のいぶき】

    つい先日までは寒い寒いと思っていましたが、3月の声を聞くと一気に春を感じる日が多くなって参ります。

    南北に長い日本列島では、春を感じるトピックも地域により様々で、北の地域では「雪解け」が多数を占め、

    それ以外の地域では「お花の便り」「暖かくなる」「日が長くなる」など、冬の終わりのメッセージが多数聞かれます。

    しかし、時代のながれでしょうか、最近では「花粉症の始まり」とも囁かれています。

    皆様におかれましては、どのような時に「春のいぶき」を感じますでしょうか。

    今月のテーマはこの「春のいぶき」をテーマに献立を考案いたしました。

    里に、街に、訪れる待ちわびた春を、お皿の中にふんだんに盛り込みました。

     

    先附けは、竹の子のお柿揚げです。この時期まだ貴重な竹の子に、砕いた柿の種の衣を纏わせ揚げました。

    残雪をイメージした山椒薫るエスプーマと一緒にどうぞ。

     

    お椀は、胡麻豆腐と蛤のお椀を、ココナツミルクで仕上げました。

    練りゴマと本葛を用いて作ったこだわりの胡麻豆腐と、蛤とココナツミルクの香りとの共演をお楽しみください

     

    八寸は、春のイメージの代表格であります山菜を随所に散りばめ、春の訪れを器の中に再現いたしました。

     

    煮物には、桜鱒と浅利、菜の花を配し、春のときめき色の桜餡で仕上げた逸品です

     

    主菜は、鹿児島のブランド豚、茶美豚の幽庵蒸しです。茶葉を混ぜた飼料で、臭みの少ない白豚を柚子と共に蒸し上げ、

    柑橘のさっぱりした味に仕上げました。

     

    私ごとではありますが、春といえば「春眠暁を覚えず(しゅんみんあかつきをおぼえず)」が頭に浮かびます。

    朝方の寒さが緩み、心地よさについ起きる時間を忘れてしまいがちです。枕草子の「春はあけぼの」もしかりで、

    この時期は夜明けが最高に素敵な時間なのかもしれません。

    長かった冬の終わりも、もうそこまで来ています。暖かい陽気に誘われて、軽い春の装いで山城屋庄蔵にお立ち寄り下さい。

    そして、「春のいぶき」で春の季節を十分にご堪能ください。

    皆様のお越しを心よりお待ちしております。

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    春のいぶき
    先附け  竹の子 お柿揚げ 残雪エスプーマ

    惋 物  胡麻豆腐に蛤 ココナッツミルクの香り

    八 寸  会津若松身欠鰊
    田作りとクルミの飴炊きココナッツフレーク
    たらの芽天婦羅 トリュフ塩
    こごみ糠漬け
    山独活金山寺味噌漬け
    春菊とえのきのおひたし
    白魚黄身酢和え

    煮 物  桜鱒と浅利と菜花 桜餡

    口直し  セロリと胡椒のソルベ

    主 菜  鹿児島県産 茶美豚 幽庵蒸し 独活の金平

    食 事  雛ちらし 押し寿司
    止 椀  揚げ蕗の薹 赤出汁

    デザート ほうじ茶アイス
    りんごの赤ワイン煮
    3種のフルーツ寒天

ACCESS

お気軽にお問い合わせください。

- TEL -
050-5269-7829 050-5269-7829
受付時間 年中無休
- 営業時間 -
LUNCH 12:00 ~ 14:30(L.O.13:30) / DINNER 17:30 ~ 22:30(L.O.21:30)
東京都渋谷区道玄坂2-6-4 2F