BLOG 山城屋庄藏

  • 2月 月替わりコース【節分】

    2月の年中行事といえば節分です。

    歴史を紐解くと、平安時代の「追儺(ついな)」の行事が起源で、室町時代以降に悪鬼を追い出す行事へと発展し、民間にも定着していきました。

    鬼といえば、鬼退治で有名な桃太郎もこの時代の物語です。

    節分に豆をまくようになったのは、「豆」は「摩滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈り、豆は炒り豆を使用します。「炒る」は「射る」に通じ、豆まき後に豆を食べるのは、豆を人間が食べることにより、鬼を退治したことになるそうです。

    今月の献立は、そんな誰もが知っているようで、あまり知らない節分をテーマに料理を考案して、そして、随所にこの時期の日本の風習を散りばめてみました。

     

    先附は、2月の習わしの初午の節句より、タイム香る稲荷寿しです。

    稲荷ずしに変化を施しました。変化をお楽しみ下さい。

     

    椀物は、焼きふぐ聖護院蕪のみぞれ仕立てです。

    盆地の京都で、寒い時期に育つ蕪は甘みを増します。

    その聖護院蕪を雪のような淡いみぞれに仕立てて、香ばしい焼きふぐとともにお椀にしました。

    寒い時期、体身を温めていただけるよう、薄葛仕立てにしました。

     

    八寸は、半日煮込んだ鰯のターメリック煮や、炒り大豆、梅麩の梅炊きなど、この時期や節分にちなんだあれやこれや散りばめました。目でお楽しみ下さい。

     

    焼き物は、葛でしっかり粘りが出るまで練込み、もっちりとした食感の胡麻豆腐を、表面はカリッと、中身は熱々トロトロにして、珍しい燻製ゴマをかけてご提供します。

     

    主菜は、塩釜の鴨です。遠赤外線効果でふっくら焼きあがった鴨を、調理の際の塩釜の塩のみで味付けしたシンプルなお味です。りんごの糠漬けと斜交いに盛り付けましたので、交互に召し上がり下さい。

     

    お食事は、糠の熟成によって旨味の増した鰯のへしこ茶漬けです。

    生海苔の磯の香りがお口の中で広がります。

     

    山城屋庄蔵では、2月いっぱい「ワイン赤札市」を開催いたします。

    最大40%引き、通常手が届かない高価なワインもこの機会に手軽にお試し頂けます。

    現地に赴き仕入れた山城屋庄蔵独自の珠玉のワインを、是非この機会にお食事と供にお楽しみ下さい。

    皆様のお越しを、スタッフ一同心よりお待ちしております。

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    先附け  タイム香る稲荷寿し 配いバジル

    惋 物  焼きふぐ 聖護院蕪のみぞれ仕立て チアシード

    八 寸  鰯のターメリック煮

    梅麩

    煎り大豆

    ブロッコリーの糠漬け 燻製胡麻と

    いか酒盗焼き

    かすべの煮凍り

    蓮根明太詰め

    焼き物  焼き胡麻豆腐

    口直し  刺身海月と有機いちごの酢の物

    主 菜   塩釜鴨 りんごの糠漬け 斜交い盛り

    食 事  鰯へしこ茶漬け 生海苔の香り

    デザート キウイあんこ玉

    アボカドチョコムース

    ほうじ茶アイス

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    ◆2月の月替わりワインコース

    〈がぶ飲みコース〉

    泡=レッジャーノ ランブルスコ ロザート セミセッコ

    白=ソアヴェ クラッシコ D.O.C.

    赤=ベッレリーヴェ ガルダ クラシコ ロッソ D.O.C.

    〈三種のこだわりコース〉

    泡=3ディノッテ ヴィーノ スプマンテ ブルット

    白=ルガーナ ディ シルミオーネ D.O.C.

    赤=モンテプルチアーノ ダブルッツォ ポッジョダルベ D.O.C.

ACCESS

お気軽にお問い合わせください。

- TEL -
050-5269-7829 050-5269-7829
受付時間 年中無休
- 営業時間 -
LUNCH 12:00 ~ 14:30(L.O.13:30) / DINNER 17:30 ~ 22:30(L.O.21:30)
東京都渋谷区道玄坂2-6-4 2F