BLOG 山城屋庄藏

  • 3月 月替わりコース【曲水の宴】

    3月3日は桃の節句、いわゆる「雛祭り」ですが、この雛祭りの元となったのが、

    中国から伝わった流觴曲水で、日本では曲水の宴と呼ばれるものです。

    平安時代に3月3日を季節の変わり目を祝う節日として、春の訪れを祝うために宮中で曲水の宴が催されました。

    この催しは、邸内の曲水の流れに盃を浮かべ、その盃が自分の前に来るまでに詩歌を詠み、

    杯を手に取って酒を飲んでから杯を次へ流すというもので、その優雅で雅な当時の様子は

    現在福岡太宰府天満宮をはじめとする各地の寺社仏閣で見ることができます。

    今月は3月の代名詞たる雛祭り、その起源とされる流觴曲水(曲水の宴)を待ちわびた春を祝い、

    冬の間なまった身体をリフレッシュする食材を散りばめ、献立を考案致しました。

     

    先附けは、竹の子のお柿揚げです。

    この時期まだ貴重な竹の子に、砕いた柿の種の衣を纏わせ揚げました。

    残雪をイメージした山椒が香るエスプーマと一緒にどうぞ。

     

    お椀は、胡麻豆腐と蛤の浮き身を、ココナツミルクで仕上げました。

    丁寧に作ったこだわりの胡麻豆腐と蛤、そこに加えたココナツミルクの香りの共演をお楽しみ下さい。

     

    八寸は、今月のテーマの流觴曲水(曲水の宴)と、春の訪れを感じさせる山菜をふんだんに使い、里の春を再現しました。

     

    煮物は、関西ではこれから旬を迎える鰆を葛打ちして、菜の花、めかぶで春の芽吹きの彩を配しました。

    ライムの香りとともにどうぞ。

     

    主菜は、味噌漬けにしたフォアグラを新じゃがで包んだおやきに鋳込み、鴨のしゃぶしゃぶに上からそぼろ餡をかけしました。

    採れたての山わらびを添えてお出し致します

     

    女児の健やかな成長を祝う雛祭りは、この曲水の宴がのちに姿を変えた流し雛と、平安貴族の女子の間で流行った、

    ひいな遊びがそれぞれの由来とされています。

    馴染み深い季節行事に、こんなに長い歴史があることに驚かされます。

    山城屋庄蔵では、今後も日本の風習文化を皆様に感じていただけるよう、お料理を通してお伝えして参ります。

    今月も皆様のご来店お待ちしております。

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    先附け 竹の子 お柿揚げ 残雪エスプーマ

    お 椀 胡麻豆腐に蛤 ココナツミルクの香り

    八 寸 滝川豆腐

    山独活 金山寺味噌漬け

    桜海老と蕗の薹真丈

    たらの芽天ぷら トリュフ塩

    会津若松身欠鰊

    ふぐ皮ときゅうりの酢の物

    煮 物 鰆葛打ち 菜の花 おろしメカブと振りライム

    口直し 国産塩レモンソルベ 胡椒の後味

    主 菜 合鴨しゃぶしゃぶ そぼろ餡かけ

    新じゃがお焼き フォアグラ白味噌鋳込み

    山わらび

    食 事 春菜押し寿司 マキベリーの舎利

    止 椀 柚子みぞれ 薄葛仕立て

    デザート ほうじ茶アイス

    桃トマト

    苺あんこ玉

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    ◆3月の月替わりワインコース

    〈がぶ飲みコース〉

    泡=レッジャーノ ランブルスコ ロザート セミセッコ

    白=ヴェルナッチャ ディ サンジミニャーノD.O.C.G.

    赤=ベッレリーヴェ ガルダ クラシコ ロッソ D.O.C.

    〈三種のこだわりコース〉

    泡=スプマンテ ビアンコ プロセッコ エクストラ ドライ

    白=イルピニア ファランギーナD.O.C.

    赤=レ デュエゲンメ サンタンティモロッソD.O.C.

ACCESS

お気軽にお問い合わせください。

- TEL -
050-5269-7829 050-5269-7829
受付時間 年中無休
- 営業時間 -
LUNCH 12:00 ~ 14:30(L.O.13:30) / DINNER 17:30 ~ 22:30(L.O.21:30)
東京都渋谷区道玄坂2-6-4 2F