BLOG 山城屋庄藏

  • 6月 月替わりコース【夏越の祓え】

    6月旧暦水無月の晦日は、一年の半分が終わることから、「夏越の祓え(なごしのはらえ)」の行事が行われます。

    この行事は、半年分のけがれを落とし、後の半年の健康と厄除けを祈願します。

    その由来は、日本神話の伊弉諾尊(いざなぎのみこと)のみそぎはらいに由来しているそうです。

    山城屋庄蔵の今月のテーマ「夏越の祓え」のお食事にて、常の習いである暑気払いと無病息災祈願を行って下さい。

     

    先附けは、「夏越の祓え」に欠くことの出来ない水無月豆富です。

    私どものくずし料理では落花生を練り込み、作り上げました。

    氷に見立てた三角形の胡麻豆腐に小豆をちらし、小豆は魔除けを、三角形は暑気払いを表しています。

    京都の風習にならって御幣もあしらいました。

     

    椀物には、紫キャベツをすり流しにしたものに、香川県の郷土料理の雑煮にちなんで、あんこ入り餅を加えました。

    また、ちょっとした事で紫キャベツの色の変化を楽しんで頂きます。

     

    八寸は、旬を迎える食材をふんだんに散りばめ、この時期ならではの季節感を表現致しました。

    見た目もあざやかな盛り込みにご注目下さい。

     

    揚げ物には、鱧をご用意しました。鱧は梅雨の雨を飲んで育つと言われ、これからがまさに旬な魚です。

    山城屋庄蔵では、縁のある大分県杵築市の漁港で取れた鱧を空輸しています。

    鮮度抜群の鱧を店内でさばき骨切りをしました。

    スパイシーなカレーパウダーと松の実とともにどうぞ。

     

    主菜は、馬肉の刺身とたたきの2種類を盛合せ、付け合わせに新玉ねぎと干しぶどうの酢の物和えを添えました。

    馬肉はシンプルにオリーブオイルと塩で頂きます。馬肉本来のうま味をご堪能ください。

     

    食事は鰻のちらし寿司です。うなぎはご存知の通り、滋養強壮に優れた食品です。

    暑さが増すこの時期に、疲れた身体を癒してくれます。揚げ茄子の赤出汁と共にご提供致します。

     

    気がつけばもう一年の折り返し地点です。

    これからは、ジメジメした梅雨、うだるような暑さが訪れますが、一方で梅雨の雨に濡れて色彩豊かに咲き誇る紫陽花や、

    日中の暑さをかき消してくれる入道雲と夕立ち、やはりそこには表情豊かな日本の四季が見え隠れしています。

    残り半年を健やかにお過ごしいただきたく、今月も工夫を凝らし献立を考案いたしました。

    今月も皆様のご来店お待ち申し上げます

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    先附   落花生を練り込んだ水無月豆富

    椀物   色が変わる紫キャベツのすり流し 白玉団子

    八寸   ホワイトアスパラ海老香り揚げ

    ガーリック枝豆

    スナップエンドウの糠漬け

    みずのオリーブオイル和え ブラックオリーブを添えて

    稚鮎の油焼き

    新薩摩芋 自家製ミューズリー揚げ

    モッツァレラ雲丹味噌和え

    揚物   鱧の天ぷら 松の実スパイシーソルト

    口直し  梅酒ジンジャーソルベ

    主菜   馬刺し2種盛り オリーブオイルと共に

    新玉ねぎと干しぶどうの酢の物を添えて

    食事   鰻ちらし寿し

    止椀   揚げ茄子の赤出汁

    デザート あんずのあんこ玉

    大吟醸酒粕ムース

    ほうじ茶アイス

ACCESS

お気軽にお問い合わせください。

- TEL -
050-5269-7829 050-5269-7829
受付時間 年中無休
- 営業時間 -
LUNCH 12:00 ~ 14:30(L.O.13:30) / DINNER 17:30 ~ 22:30(L.O.21:30)
東京都渋谷区道玄坂2-6-4 2F