BLOG 山城屋庄藏

  • カウンターの流儀 ~第1章 上座下座のないフラットな関係~

    カウンターには「上座下座」の考え方が基本的にはありません。
    従来のテーブル席やお座敷には厳格に上座下座が決まっているのと対照的です。

    お座敷では、通常、床の間を背負うところが一番の上座であり、上座の反対側に主催者側の重要な人物が座ります。上座を中心に順序が決まり、入口に一番近いところが下座になります。
    テーブル席の上座下座は多くの場合、入口の距離で決まります。入口から一番奥まったところが上座で、その横が次、そして反対側では、入口に近いところが一番の下座になります。実に明確です。

    入口からの近さ、遠さの考え方は、時にカウンターにも適用されています。多くのケースを見ていると、奥のほうに偉い人を座らせていたり、レディーファーストの考え方からすれば、女性も奥に座ってもらうというフォーメーションは自然かもしれません。

    次回へ続く…

ACCESS

お気軽にお問い合わせください。

- TEL -
03-3461-9015 03-3461-9015
受付時間 年中無休
- 営業時間 -
12:00~22:00
東京都渋谷区道玄坂2-6-4 2F